在学年限とは「何年以内に卒業しなければならない」という決まりで、全日制高校や定時制高校は、在学年限を学年かけ2としている学校がほとんどです。これによれば全日制では6年、定時制では8年が税額年次ということになります。法律で決まっている訳ではありませんので、規定していない学校も極稀にあります。しかし学年制を導入していれば留年がありますし、意欲がないのにいつまでも学校に置いておくことおできません。全日制は6年で除籍になることが多いようです。単位制の全日制や定時制でも、6年ないしは8年で除籍になります。通信制高校も単位制ですが、在学年限はあるのでしょうか。


<通信制の在籍年限>

通信制高校でも公立と私立があり、私立は法律に定められてない限り、学校ごとの規定を設けても差し支えありません。通信制高校の制度が生まれた背景から見ても、公立が在籍年限を設定するのはムリがあります。在籍年限は規定していません。10年かかって卒業するという人も、そんなに少なくはありません。私立も基本的には在籍年現を設けていない学校が多いようですが、学費も高いですし、いつまでも在籍させるのは罪作りということもあります。フォローが充実している学校ほど、在籍年数の規定がある傾向が見られます。
長い期間かかっても絶対に卒業する!ということであれば、先に希望する通信制高校の在籍年限を調べておきましょう。「何年かかっても!」というときには、公立がむいているかもしれません。

広域通信制高校の授業

Posted by whadmin. Comment (0).

全国や3県以上にまたいで生徒を募集するのが広域通信制高校です。
この広い地域から生徒を募集するということで支障が出る部分は、スクーリングです。
スクーリングが本校でしか行われないのであれば、その交通費だけでも生徒にかなりの負担を強いることとなってしまいます。
そこで広域通信制高校は合宿形式を導入して集中的に実施したり、提携校などの協力を得て、全国各地でスクーリングを実施したりなど、工夫を凝らしています。
その他にも、授業形態に特徴をもたせている学校もあります。


<広域通信制高校の授業方法にみる特徴>

広域通信制高校では、インターネットによる授業展開を行っているものが多く見られます。
授業のみならず、先生とのコミュニケーションや面談指導、質問などもウェブ上で行っています。
そのため通常の通信制高校よりも生徒に対するサポートが細やかになり、それがメリットだとも言われています。
生徒同士のコミュニケーションも、ウェブ上で行うことができます。
全ての広域通信制が導入しているとは言えませんが、その傾向にあるのは確かです。
不登校で苦しんだ経験がある生徒が、ごく自然な形で「学校生活」に参加するキッカケになると支持する声も多く聞かれます。

通信制高校は、月に決められた回数しか通学しないようになっています。
しかし、ホームページには出席日数が足りないと卒業単位を取得することが出来ないと書かれているところもあります。
出席日数にカウントされるのは、スクーリングだけではなくて行事も含まれるみたいですよ。
体育祭とか文化祭などもしっかりカウントされるらしいから、必ず参加するようにした方がいいかもしれませんね。


通信制高校を卒業できるか不安

通信制高校を本当に卒業することが出来るのか不安に思っている人も、結構いると思います。
正しく過ごしている人であれば、特に何も問題はないはずなので安心して大丈夫でしょう。
課題をコツコツこなしてちゃんと提出し、行事やスクーリングにも出席してテストでも赤点を取らなければきっと大丈夫。
心配だったら、今の自分の状況を先生に尋ねて確認してみるのが良いかもしれませんね。


ブログを探してみよう

通信制高校に通っている人が書いているブログも増えてきていますから、ぜひ探してみて下さい。
その人がどんな通信制高校に通っているのか、どんなふうに過ごしているのか確認することで、何か得るものがあるかも。
この過ごし方いいなと思えば真似てみればいいですし、ダメな部分が無いか自分自身考え直して改善していくのも◎。

通信制高校では自宅で教科書や参考書などを見て、レポートという学習成果を提出する義務があります。これは試験以外で非常に大切な評価になっているため、学校に行かないときも提出期限までに郵送する必要があったのですが、現在の通信制高校の一部ではこのような提出物を、パソコンやスマートフォンで対応しているところもあるそうです。


通信制高校のレポートは空いた時間に終わらせよう

通信制高校のレポートは自分で空いた時間などに行えばいいのですが、提出忘れなどは大きな問題となります。そのため、スマートフォンなどからログインして、自分のレポートを提出できるシステムのある通信制高校も多くなっているそうです。これなら空いた時間に学習を進めることもできますし、移動中などにも送信することで提出と同じ意味を果たすため、生徒の負担も少ないと言われているそうです。


授業の時間などもネットで見ることができる

時間割が生徒、個人で全く変わることも通信制高校の大きな特徴なのですが、そのため時間割やスクーリングの予定、生徒への連絡事項を、ホームページの生徒専用ページで行っているところも多くなっているそうです。携帯電話やスマートフォンの普及で、通信制高校も生徒がより身近になるような努力を行っています。また連絡事項も直ぐにチェックできると生徒からの評判もいいそうです。

通信制高校は非常に増えてきました。また、生徒のペースに合わせた教育を行うということから、学習障害児の受け入れを行っているところもありますし、担任の先生を自分で選ぶことのできるところもあります。生徒の個性に合わせた教育を行う場所が増加している一方で、学校選びは非常に悩ましいものかと思います。


通信制高校の卒業率を比較

通信制高校は、自分で学習プランを立てて、学習を進めることが非常に大切です。分からない部分のサポートなどはもちろん高校で受けることができますが、このサポートがしっかりしているかを比較する一つの項目に、卒業率というものがあります。卒業率は生徒の何パーセントがきちんと卒業し、高校卒業の資格を得たかというものを数値化したものです。特に前の高校を途中で辞めてしまったなどの理由から、高校卒業を目指す場合にはしっかりチェックしましょう。


選択科目や行事を比較してみよう

通信制高校の個性が出るのが、選択科目や行事です。中には修学旅行のある高校もありますから、選択科目や、行事、イベントなどをチェックするのもいいでしょう。年間のイベントスケジュールなどは資料請求をするともらうことのできるパンフレットに掲載されているそうです。選択科目では、通常の授業の他に高校が独自に行っている小論文など、今まで習っている科目をもっと細かく分類したものもあると言われています。

通信制高校での服装は?

Posted by whadmin. Comment (0).

通信制高校では、生徒のやりたいこと、生徒の個性を積極的に尊重する校風を取り入れているところが多いそうです。制服の起用も最近始まったばかりで、制服を販売している高校であっても、私服通学を許可しているところがほとんどだと言われています。


式の場合はブレザーなどを着用

制服のない場合、卒業式や入学式などは、ブレザーや前の学校で着用していた制服などでいいそうです。制服を購入した場合は、その制服を着用するのもいいでしょう。通信制高校の制服というと、最近では109系のブランドとコラボレーションを行った学校に注目が集まっていると言われています。若い世代に人気の高いアパレルと制服のコラボレーションを行ったことで、生徒や、中学生の注目もあると言われています。せっかくなら、かわいい制服を着たいものですよね。


通信制高校によって規則はさまざま

私立の通信制高校では、学校の数だけ校則は違うと言えるかと思います。制服を起用しないながらも、あまり派手な格好や染髪などを禁止している通信制高校もある反面、ファッション科などのコースを置き、高校生でも染髪やピアスなどを許可する通信制高校もあります。校則が気になる場合には、学校見学などで実際に授業を受けている生徒の服装や、学校の雰囲気などを入学前に確認しておくといいでしょう。話しやすい先生がいること、雰囲気がしっくりくること、というのは、とても大切なことです。

通信制高校だけでなく、全国の高校生は、世帯の収入に応じて、高校に通うお金の援助を受けることができます。年収が910万円以下の世帯という制限に賛否両論はありますが、現在は世帯の収入で、学費の援助を受けることができるかどうかが決まることとなっています。


通信制高校では4812円を74単位分

通信制高校では全日制高校と違い、単位の履修を申し込む数で生徒の授業料が個々に変わることとなります。そのため、卒業に必要な最低単位である74単位分、1単位は4812円の給付が決まっているそうです。ただし、学費は履修を申し込んだ単位の数だけかかることとなります。履修しても単位を落としてしまえば、単位はもらえません。学費だけがかかることとなりますから、この点だけ充分注意しましょう。


年収によって変わることも

年収が910万円以下、さらに低い家庭では、この就学支援金が増額されることもあるそうです。学費面で不安のある場合は、最寄りの市区町村などにといあわせてみましょう。また、奨学金制度を利用できることもあります。奨学金の給付には、返済が必要なもの、不要なものなど条件がある場合もありますので、学校の窓口にも確認を忘れないようにしましょう。これ以外に集中スクーリングなどの宿泊学習の場合は、費用が別途かかることもあります。詳しいことは説明会などで質問するといいそうです。

通信制高校では単位制という授業ごとに取得する単位数を合計して、74単位以上を修得することで卒業する資格を得ることができます。単位制を利用している教育機関では、大学や一部の専門学校などがあります。高校で単位制を利用するのは珍しいそうです。


通信制高校では授業がないの?

通信制高校ではスクーリングという登校日がありますが、他は自宅で学習を行います。しかし、現在はサポート校という通信制高校と連携した教育機関で授業を行っているところも多いので、週に3日など自分で登校日を選ぶことができます。ここでは教科ごとに授業を行うほか、質問教室などを開放して、レポートをすすめることもできます。授業はないということはありませんが、単位によっては少ないということになります。


単位はどうやって計算するの?

通信制高校では、教科ごとに最初から単位が明確になっています。レポートの提出頻度やむずかしさなども関係するそうですが、1教科で2単位から4単位程度が多いそうです。これは自分で選んで授業の申し込みを行い、自分で卒業するまで管理することとなります。一学年ごとに進級に必要な単位、というものはないのですが、多くは3年間で74単位以上となっています。必修科目は一年生が多いため、三年生では自分の好きな選択科目を受講できる生徒が多くなるそうです。

通信制高校という高校があります。これはみなさんがよく知っている、毎日通うスタイルではない高校で、スクーリングと呼ばれる登校日以外は自宅学習を行って、高校を卒業するものです。今までは金銭的な理由で働きながら通う人のためにある高校というイメージがありましたが、現在はさまざまなスタイルの通信制高校があります。


通信制高校で高校卒業資格を取る

通信制高校は全日制高校よりはまだ数も少なく、入学する生徒の数もわずかです。しかし、その分だけ生徒一人ひとりに先生が目を配ることができる、生徒のペースで学習を進めることができるというメリットがあります。転校生や中途退学した生徒の受け入れも非常に積極的に行っていることが多いので、何らかの理由で一度、高校を辞めてしまった生徒などが通うこともあるそうです。もちろん、最初から通信制高校を選ぶ生徒もいます。


スクーリングとは登校日のこと

通信制高校では日常的な学習はレポートという提出物を出すことで、成果を報告します。教科書のセクションごとに分かれていることが多く、試験や出席率だけでなく、このレポートの点数なども評価には大きく影響するそうです。また、試験と別にスクーリングと呼ばれる登校日があります。これに出席することも単位を修得するために大切なことです。